プロミスATMの営業時間は?返済方法としてはコンビニ、銀行よりもお得になる?

プロミスにはスタッフがいる店舗と、自動契約機が設置された無人店舗があります。スタッフがいる店舗窓口の営業時間は平日10時から18時までです。一部の店舗窓口では平日20時まで、土日祝日も18時まで営業しています。自動契約機は基本的に9時から22時まで営業していますが、一部は21時までです。

 

店舗窓口は基本的に土日祝日が休業日で、自動契約機は元日のみ休業日とされます。ATMはプロミスのものと提携ATMのものがあり、営業所間にも違いがあります。自社のATMは、自動契約機と併設されている場合が多く見られます。自社で設置したものの場合には契約が9時から22時までできます。借入と返済は7時から24時までです。いずれの手続も手数料は無料とされています。

 

提携ATMは大きく3種類に分類できます。三井住友銀行は、基本的に9時から21時まで借入・返済が無料でできます。その他の銀行の場合も基本的に9時から21時までが営業時間です。三井住友銀行では手数料が無料でしたが、その他の銀行の場合には1万円以下の借入・返済に108円、1万円超の借入・返済に216円の手数料がかかります。コンビニATMは基本的に年中無休で24時間営業しています。

 

月曜日の0時から7時まではメンテナンスのため利用できません。手数料は三井住友銀行以外の銀行の場合と同様で、取引額に応じて108円か218円が必要です。プロミスでキャッシングをする場合には、コンビニや銀行を利用するよりも直接取引を行った方が手数料がかからないのでお得です。

 

銀行を利用する場合には三井住友銀行を選ぶと手数料を無料にできます。返済方法を手数料から考えるとプロミスと直接取引を行った方が合理的ですが、営業時間ではコンビニの方が有利です。コンビニであれば月曜日の0時から7時を除いて24時間営業しているので、都合の良い時間に返済ができます。

 

 

手数料の安さを考慮する場合にはプロミスか三井住友銀行のATMを利用し、都合の良い時間帯に借入・返済する場合にはコンビニを利用するのが合理的です。利用目的や利用者の状況に応じて使い分けることが重要となります。提携するコンビニでは24時間取引が可能ですが、インターネットでも24時間申込を受け付けています。

 

年中無休で取引可能なのは、インターネットと提携するコンビニです。契約をするとローンカードを発行するのが基本ですが、指定する銀行口座に振込を依頼することもできます。この場合にはローンカードを利用してお金を引き出す必要はありません。振込キャッシングはオペレーターに電話するか、インターネットのホームページから24時間いつでも可能です。入金されたら銀行のキャッシュカードを利用して引き出します。

 

振込キャッシングでは、指定する銀行口座によって入金までの時間が異なります。三井住友銀行かジャパンネット銀行であれば、24時間いつでも10秒で入金が完了します。このサービスは「瞬フリ」と呼ばれており、土日祝日でも利用できます。

 

24時間いつでも振込が行われるので、夜中でもコンビニを利用して引き出すことが可能です。それ以外の銀行口座では平日0時から9時までに申込を行うと当日の9時半頃に入金されます。また9時から14時50分までに申込を行うと、受付から10秒で入金が完了します。平日14時50分から24時までや土日祝日の場合は翌営業日の9時半頃に入金されます。

 

三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を保有していなくても、時間帯によっては10秒で借入ができるので便利です。プロミスと三井住友銀行では手数料無料で借入・返済ができます。三井住友銀行の口座を保有していれば24時間いつでも10秒で借入ができ、借入と返済の手数料が無料なのでお得です。

プロミスでの具体的な借り方については下記から ➠プロミス借り方を確認する