プロミスなら土日でも即日融資!即日審査可能な営業時間は?

プロミスでキャッシングするための申込方法には様々なものがあります。店頭窓口の他にインターネットや電話、郵送でも申込ができます。またプロミスの自動契約機やグループ企業の銀行にあるローン契約機からの申込も可能です。

 

インターネット完結で手続を行う場合には、ローンカードが発行されず来店も不要です。自宅への郵送物がないため、家族に知られる心配もありません。審査は早い場合だと30分から40分で完了します。申込から融資まで1時間ほどで済む場合もあります。

 

申込方法によって受付時間に違いが存在します。インターネットからの申込は、24時間いつでも可能です。電話による申込の場合には9時から22時が営業時間とされます。自動契約機の受付時間も9時から22時までですが、21時の場合もあります。

 

プロミスの自動契約機は土日祝日でも利用できます。グループ企業のローン契約機では9時から21時が受付時間です。契約機によって受付時間と休日が異なります。店頭窓口の受付時間は平日の10時から18時が基本です。店舗により受付時間と休日に違いがあり、一部店舗では平日20時まで、土日祝日も18時まで営業しています。即日融資を希望する場合には、郵送以外の方法で申込を行う必要があります。

 

自動契約機やローン契約機には基本的にATMが併設されているので、カード発行後すぐに借入ができます。

 

ATMの営業時間はプロミスのものとその他で異なります。プロミスのATMでは7時から24時まで借入と返済が可能です。銀行のATMは9時から21時まで取引が可能ですが、店舗により違いがあります。コンビニATMは土日祝日を問わず24時間ん営業しています。

 

ただし月曜日の0時から7時までは、メンテナンスが行われているため利用できません。プロミスとグループ企業の銀行のATMは手数料が無料です。その他の提携する銀行やコンビニのATMでは取引額によって手数料がかかります。借入・返済いずれの場合でも、取引額が1万円以下であれば手数料は108円です。

 

1万円を超える場合には216円とされます。カードが発行される場合には、ATMの営業時間内に手続を完了すれば即日融資を受けることができます。プロミスの自動契約機は基本的に22時まで営業しており、ATMは24時まで利用可能です。審査から融資までには早い場合でも1時間ほどかかるので、21時までに手続を開始すれば当日中に融資を受けることができます。

 

プロミスでは契約を成立させる前提として在籍確認の電話連絡が行われます。在籍確認の電話連絡は自営業者や個人事業主の場合は自宅へ、サラリーマンの場合には職場へ行われることになります。時間帯や曜日によっては在籍確認が完了しないことも考えられます。別の方法で在籍確認を希望する場合には、担当者に相談すれば変更してもらうことも可能です。
プロミスでキャッシングを行うにはATMを利用する他に、振込による方法があります。振込キャッシングはインターネットの会員専用サイトから手続を行います。24時間いつでも利用でき、手数料は無料です。特定の銀行口座を指定した場合には、申込の受付完了から10秒ほどで入金されます。

 

このサービスは「瞬フリ」と呼ばれ、平日だけでなく土日祝日でも利用できます。一般的な銀行口座を指定した場合には、平日の0時から9時までの受付であれば当日の9時半頃までに入金されます。平日の9時から14時50分までに申込を行った場合には、特定の銀行でなくても10秒程度で融資を受けることができます。平日のその他の時間や土日祝日の場合は、翌営業日の9時半頃に入金されます。特定の銀行に口座を保有していれば、土日祝日や深夜を問わず10秒ほどで入金されるので便利です。

プロミスでの具体的な借り方については下記から ➠プロミス借り方を確認する