プロミスの営業時間は?コンビニATMとネット審査なら24時間いつでもOK

プロミスを利用するためには、「審査を受ける」「契約手続きを行う」「融資手続きを行う」「融資を受ける」という流れを済ませる必要があります。中でも特に重要なファクターとなるのが「契約手続き完了」までの流れで、この部分でつまずいてしまうことがプロミスと契約できなくなってしまう最大の理由です。つまり、この段階までの手順を滞りなく済ませられるようにすることが非常に重要であり、それによってプロミスとの契約が実現し得ます。

 

また、契約うんぬんに限らず「即日融資」を実現するためにもポイントがあります。たとえば、土日祝日に銀行振り込みで融資を受ける場合、どれだけ早くても入金されるのは翌日以降になってしまいます。これは、銀行振り込みという方法の仕組みを知っていれば容易に理解できるのですが、仕組みを理解していないと「なぜ?」と不思議に思ってしまうことにもなり兼ねません。

 

この場合、「ATMから借り入れをする」という方法を選択することによって問題の解決が見込めるわけですが、そのためには「プロミスのローンカードを持っている」ということが必要になります。プロミスと契約するだけならば、「電話」「インターネット」「来店」「自動契約機」などとさまざまな選択肢があります。しかし、これらの方法のうち、その場でローンカードを手に入れることができる方法は「来店」「自動契約機」だけです。

 

ATMを利用するためにはローンカードが必要であり、そのカードを手に入れるためには来店もしくは自動契約機を利用して手続きを行う必要があるということは、必然的にそれ以外の方法は選択肢から外れてしまいます。さらに、来店する店舗や自動契約機の営業時間内に利用しなければいけないため、あらかじめ営業時間を把握することも必要です。自動契約機の場合は22時頃まで営業時間がありますが、有人店舗の場合は夕方で終了してしまうこともあります。

 

ここまでで紹介している方法は、主に「即日融資を利用するための方法」です。しかも、土日祝日など銀行振り込みで即日融資を利用することができない状態に限った話です。このような仕組みを知らないでいると、状況によって即日融資を利用できなくなってしまうということをよく理解しつつ、その場その場の状況に合わせて適切な方法を選択することができるように準備を整えておきましょう。

 

ただし、必ずしも方法が限定されるとは限りません。銀行振り込みが利用できなくなってしまう状況は限られているため、それ以外の状況ならば別のアプローチが可能な場合も多々あります。たとえば、平日の午前中にプロミスへインターネットで申し込みをした場合ならば、ほとんどが銀行の営業時間内に手続きを完了できます。平日の14時くらいまでに手続きが完了した場合ならば、そのまま来店不要で即日融資を利用することもできます。

 

このような状況であれば、自宅や仕事中に合間を見つけて手続きをするだけでも即日融資を実現できる可能性が高いため、来店が必須となる状況よりも遥かに少ないコストで即日融資を受けることができます。ただ、あくまでも「プロミスの営業時間内に申し込みをした場合」に即日融資の可能性があるため、それ以外のタイミングで即日融資を利用することが難しくなってしまいます。

 

たとえば、23時以降に審査申し込みをする場合、インターネット申し込みもしくは電話申し込みならば手続きを行うことができますが、これは「受付のみ可能」であり、審査などの本格的な手続きが開始するのは翌営業日以降になります。つまり、実質的には翌日以降になってしまうため、24時間いつでも契約ができるわけではありません。

プロミスでの具体的な借り方については下記から ➠プロミス借り方を確認する