プロミスの「延滞」は電話はナシにできる?

結論から言えば、延滞した場合はプロミスに限らず電話はかかってきます。かけてくる理由はおわかりですね。仮にプロミス側で入金の確認が取れていないだけだとしても、確認としてかかってきます。初心に戻って、融資は自分の信用で行えているという事を忘れないで下さい。一定金額を返済するという約束を破ってしまった瞬間に、せっかくの信用はガラガラと崩れてしまいます。その為、延滞はできる限り避けていただきたいところです。飲み会を一ヶ月我慢すれば良いような状態なら、少し厳しいですが我慢を選んで下さい。止むを得ず延滞してしまう時は、プロミスに自分から連絡を入れましょう。

 

そもそもプロミスは返済期日や金額もはっきり決まっています。期日当日になって、支払い方法がわからないとか、金額がわからなくなってしまう事はないはずです。もし期日前でも今回の支払いのめどが立たないとわかったら、その時点でプロミスコールセンターに連絡を入れるよう心がけて下さい。実はこれだけで、プロミスからの電話を止めてもらうことができるかもしれません。

 

また、返済という言葉通り、毎月の返済日には融資されたお金と利息を支払っています。利息だけを支払っても融資金額自体は減らないのですが、用意するのが難しい場合は利息だけの支払いにしてもらう等の臨時措置を検討してもらう事が可能な場合があります。正直に状況を連絡すれば全てを許してもらえるわけではありませんが、まずは社会人としてきちんとした対応を行いましょう。

 

注意点としては、特別な措置をしてもらった時は他の会社の融資も止まる可能性が高いです。くれぐれも、支払いを延滞しているのにまだ別の融資をしようなんて考える事のないようにして下さい。繰り返しになりますが、融資は信用で行われています。その信用を全く失ってしまう事のないよう、計画を立て直して賢く利用して下さい。

 

では、連絡を入れるといっても何を言えば良いのかわからないという方も少なくないと思います。何を話せば良いかわからない、緊張してパニックになってしまいがちな方はお手元にプロミスカードや契約番号などを準備してから連絡しましょう。それもよくわからないという方でも大丈夫です。オペレーターが応答したら、延滞について相談したいと言って下さい。そうすれば、名前や生年月日など簡単な確認の後、契約内容を確認してくれます。受け答えはあくまで丁寧に、きちんと敬語を使用してはきはきと答えて下さい。言われた事をメモする為に、筆記用具も近くに準備しておくと安心です。

 

最後に、プロミスから電話をかけてくることがあるか、電話をかけないようにしてもらうにはどうしたら良いかを相談しましょう。延滞の理由や事情がそれぞれ違うように、連絡する必要性も個人個人で違うはずです。日中は外出しているので連絡が自由にとれるよいう方もいれば、家で家族と過ごしているので連絡しないいでほしいという方もいらっしゃるでしょう。かかってきてから慌てる事のないように、あらかじめ相談しておくのです。そして、できる限り自分かられんらくするようにすれば、かかってくる事を回避する事が可能です。

 

さて、この後行う事がまだあります。それは何だかわかるでしょうか。そうです、この次からの返済をきちんと行って信用を1日も早く回復する事です。節約など新しい趣味を見つけるのも一つの方法ですし、ピンチの時の対応によってそれからの人生が大きく変化するものです。一番してはいけない事は、連絡を無視したり自分からかける約束を破ったりする事です。そうなってしまうと、もう相談するどころの話ではなくなりますので、絶対にやめて下さい。

プロミスでの具体的な借り方については下記から ➠プロミス借り方を確認する