プロミスなら“カードレス”で振込融資が希望できる

プロミスならカードレスで振込融資が希望できます。プロミスのような消費者金融は別名カードローンと呼ばれることもあり、その名前の通りカードを使ってATMを利用してお金を下ろすのが定番の利用方法ではあります。しかしプロミスでは希望する人に対してはカード発行ではなく振込融資に対応してくれるのです。

 

一体どのような人が、あるいはどのようなケースでプロミスの振込融資を利用するのか、利用したほうがよいのか気になるところかもしれませんが、それにはいくつかの理由が考えられます。まずは急ぎでの融資が必要な人でしょう。カードを使ってATMからお金をおろすのは多くの人にとって慣れ親しんだ方法ではあるでしょうが、ATMまで出かけて行くという時間がかかることは否めません。

 

もっとも、今ではコンビニにも提携ATMはありますから、多くの人にとって5分から10分もあれば最寄りのATMはあることでしょうが、それでも出かけることそのものが億劫な人はいますし、日本の中には最寄りのコンビニとは言ってもちょっと徒歩圏内とは言い難いところに住宅地域が広がっているところもまだまだいくらでもあります。そういう場合であっても振込みであれば即座に口座残高が増えているわけです。

 

また、ATMでお金をおろすというところだけに限った話でもありません。そもそもカードは瞬時に手元に飛び出してくるわけではないでしょう。まずはプロミスから受け取らなければ始まりません。ここでも、店舗に出かけて行くといった手間が発生します。カードを郵送で受け取ることももちろん可能ですが、別に速達で送られてくるわけではありませんからどうしても数日はかかってしまいます。やはり、急ぎでの融資を必要としている人にはカードは必ずしも適した方法ではないわけです。

 

また、カードの郵送ということを考えた場合、振込みにはカードにはないメリットがあることが分かります。カードが自宅に郵送されてきますと、常に自分が受け取れるとは限らないケースもあるでしょう。同居している家族が受け取ってしまうというケースです。

 

それで別に何の問題もない人は構わないのですが、それはちょっと困るという人もいることは事実です。プロミスで融資を受けようとしていることを家族に知られたくないという人です。秘密にしておきたいと思っているにも関わらず、カードが送られて来たりすると明らかにばれてしまいます。かといって家に一日中張り付いているわけにもいかない人もいるでしょう。この点、振込みであれば自分の銀行口座に対して行われるわけですから、家族にばれる可能性はカード郵送よりも明らかに低くなります。これも場合によってはメリットです。

 

このように急ぎでの融資を希望するとか、家族に知られたくないという人にとっては有用な振込融資ですが、メリットばかりではなくデメリット、注意点もあります。当たり前のことですが、振込先の銀行口座が必要です。振込に対応している、自分名義の銀行口座を持っていなければこの方法は使えません。またこれも当たり前のことですが、振り込まれただけでは自分として現金を手にできるわけではありません。もし現金が手元に必要なのであれば、結局はその口座からお金をおろして来なければなりません。それであればカードを使う方法と何も変わらないでしょう。

 

また家族に知られたくないという人の場合は、口座の管理には注意しておく必要があるでしょう。振込の記録そのものは残ってしまいますから、よくよく取引履歴を確認されたりすると明らかに不審な振込があると分かってしまいます。できれば口座の存在そのものも家族には知らせていないような銀行を利用するのがよいでしょう。

プロミスでの具体的な借り方については下記から ➠プロミス借り方を確認する