プロミスならローソンで借入れも返済もできる!利用時間と手数料はいくら?

消費者ローン取り扱いでメジャーな存在であるプロミスは、以前は独立した消費者金融会社でしたが紆余曲折を経てメガバンクである三井住友銀行グループの一員となり、一層メジャーな存在になったといえます。

 

プロミスが発行するカードを用いてプロミスATMや三井住友銀行のATMからも手数料無料でキャッシングすることができるのですが、急にお金が必要になり借り入れしたいとき、あるはお金に余裕ができたときに借入残高を精算したい、このような突発的ニーズに対応するのがコンビニATMの存在です。大手コンビニの一角であるローソンは全国展開しているコンビニであり、どんな小さな街でも容易に見つけることができるのではないでしょうか。

 

コンビニATMは誰でもが利用でき、どこにいってもATMはほとんど配置されていますから、いまや生活に密着した,なくてはならない存在ともいえますが、プロミスの場合はセブンイレブンやローソンといった大手コンビニと提携している関係から顧客利便性向上に一役買っているといえます。

 

コンビニは24時間ですからATMも24時間営業に対応していて、プロミスカードをローソンATMで利用しキャッシングを行った場合は提携ATMを利用することに該当しますから、借り入れ、返済ともに108円から216円まで手数料がかかることになります。

 

カードローンの良さはいつでも現金をキャッシングできるという点にあるのですが、たとえば会社の飲み会に参加している際に、深夜に2次会、3次会に行くことになり飲み代が足りなくなりどうしようか、そういった時にコンビニATMがあれば簡単に現金がキャッシングできるので利便性が高いといえるのです。

 

ローソンで返済する場合は手数料をかからないようにすることができる裏ワザ的な方法があるのですが、その具体的な手法について説明したいと思います。裏ワザ的な方法と書きましたが、実は誰にでも簡単にできる方法なんです。

 

この方法を知ったあかつきには24時間365日いつでも返済することができるようになります。ローソンに設置されているロッピーをご存じでしょうか。あの端末を利用して返済するのですが、まずは各種サービスメニューを選択したうえ、各種代金・料金お支払い・クレジット等のお支払いの欄を選択します。その後にカードローン・キャッシング等のお支払いを選択しますと、プロミスを選択する画面に誘導されるのです。

 

誘導後はカードリーダーへカードを通し、暗証番号、返済金額を入力し入力されたお取引内容の画面を目視にて確認の上、ロッピーより発券される各種収納代行申込券を受け取ることになります。発券された申込券をローソンレジに持参し現金を添えて支払います。お客様控えをもらい手続き終了となるのですが、発券から30分以内にレジにて支払いをしなければ返済が無効となってしまうことについては留意が必要といえます。

 

利便性があり借り入れがたやすく生活を豊かにしてくれるカードローンではありますが、やはり借り過ぎには要注意です。利便性とは裏腹に自己を節制して借入に過度に依存しないように頑張らないといけないのです。

 

プロミスは以前はサラ金というイメージが強く、強引な取り立てや金利の高さも目立っていたのですが、三井住友銀行のグループなので消費者金融会社とはいえガバナンスが効いている存在になっているといえます。安心して契約し、システムを利用していくことが可能なのです。消費者ローン大手の一角であるプロミスを有効活用するとともに、生活が破たんする等ということを招かないようコンビニのシステム等をフルに活用してあまったお金を積極的に返済に回す等して借り入れ過多を防いでいきたいものです。

プロミスでの具体的な借り方については下記から ➠プロミス借り方を確認する