プロミスは「ウェブ完結」申込みなら在籍確認不要になる?

お金を貸金業者から借りたい人がもっとも恐れてしまうのが在籍確認になりますが、それがないという業者があれば飛びつきたい気持ちを持つ人も多いでしょう。プロミスはウェブ完結の申し込みから利用までできるプランがありますが、これにより在籍確認なしで利用できるように感じている人も多いはずです。しかしそれが違います。プロミスのウェブ完結の流れをよく理解することによって、勤めている会社への確認が必要であることがわかってくるはずです。

 

そもそもなぜ在籍確認が必要であることから、理解するようにしましょう。プロミスを初めてとする消費者金融、もしくは銀行カードローンはほとんどが収入証明書を必要としていません。このことから収入の証明をするのは、勤めている会社に在籍をしている確認をするしかありません。貸金業者にとってはとても大切な審査の一環であることがわかるでしょう。よくある仮審査というのは業者として借り入れができることを認めている段階であり、ほとんど融資が可能になっていることが多いです。最終的な本審査というのは、勤めている会社に連絡をして在籍していることを確認しています。

 

このようなことからとても大切な審査の一環になりますので、もちろんプロミスも怠らずに行っています。たとえウェブ完結であったとしても流れとして、勤めている会社に連絡がいかないわけではないことを理解しましょう。こればかりはお金を借りるときの試練です。これを潜り抜けてこそ、お金を借りることが可能になりますので、プロミスからの連絡を恐れないでください。

 

消費者金融は個人名で電話を掛けてくることになります。これこそが貸金業者からの連絡と勘繰られる直接的な原因のひとつになっていますが、よく考えてみれば個人名で掛かってくるようなケースもけっして少ないわけではありません。いろんな言い訳をすることによって、同僚のそのような勘繰りを潜り抜けることができますので、あまり気にしないようにしましょう。またどうしても勤めている会社に電話連絡がいくようなことが困るのであれば、他の方法で確認してもらうことも可能です。そのひとつになるのが、健康保険証や社員証になります。

 

個人情報保護の観点から、在籍していることを伝えることができない会社も増えてきますので、そのような事情を持っている場合は、プロミスの担当者に相談をしてみると良いでしょう。そうすれば他の方法で確認を行うことも可能です。また収入証明書は大きな武器になることを知っておきましょう。勤めている会社への確認よりも、公的に認めることができる収入の証明ができる書類になりますので、信用度は抜群です。しかも融資金額が増える可能性もありますので、利用者にとってはメリットも大きいです。在籍の有無を会社へ電話確認してほしくない人のための回避方法になります。

 

プロミスでウェブ完結の取り引きをすると、カードが不要になりますので、すべてネットでの取引が可能になり、スマートなやり取りをすることができるでしょう。ウェブ完結であればカードが不要になりますので、郵送物もありません。消費者金融を利用していることが家族にバレる可能性が高まるのも郵便物になりますので、これがなくなることだけでも大きなメリットとして見出すことができる人もいるでしょう。

 

ただし借入から返済まで銀行口座を利用することになりますので、その手続きが必要です。ネットバンクであれば幅広い使い方ができますが、最近は地方銀行でも充実した使い方ができるようになっています。24時間の利用も可能になていますので、所有している銀行口座を確認してから申し込みをしてください。有意義な使い方ができる方法を模索することが大切です。

プロミスでの具体的な借り方については下記から ➠プロミス借り方を確認する