プロミスの「おまとめローン」の借り入れのデメリット

プロミスでは無担保型のスタンダードなカードローンに加えて、他社債務の返済負担の軽減を図れるおまとめローンというローンサービスも展開しています。プロミスのおまとめローンを利用して他社債務を一つにまとめれば月々の返済回数が1階に減らすことができます、同ローンサービスの上限実質年率は17.8%となっているため、他社債務を年18.0%という金利条件で借り入れている場合には乗り換えることで金利負担を減らすことができます。このようにプロミスのおまとめローンには様々なメリットがあるのですが、その一方でデメリットも存在しています。プロミスのおまとめローンを利用する際に注意しなければならないことについて詳しくみていきましょう。

 

 

プロミスのおまとめローンのデメリットとして真っ先に挙げられるのが、申込み方法がカードローンサービスと比較して制限されているという点になります。カードローンの場合パソコンやスマートフォンを利用してインターネット経由で申し込みができるのですが、おまとめ専用ローンの場合はインターネット申込みに対応していないのです。申込みの際にはプロミスの店頭窓口或いは無人契約機まで足を運ぶ必要があるので忙しい人はやや申込みがしにくいと考えられるのです。

 

また借り換えができる対象が制限されているというデメリットもあります。同ローンは他社債務であればどんな債務でも借り換えができるというわけでなく、基本的には貸金業者からの借り入れのみが借り換えの対象となります。利用者の中には銀行カードローンを一本化したいと考える人も多いでしょうが銀行カードローンは利用の対象外となっているのです。借り換えの対象となるのはクレジットカードのキャッシング枠を利用して借りたお金と消費者金融のカードローンを利用して借りたお金に限られるということを心に留めておく必要があります。

 

さらに同ローンでは最高で300万円まで融資を受けることができるのですが、融資限度額は借り換えの対象と債務の元本の範囲以内に限られているという点も大きなマイナス点と捉えられます。債務総額を超える借り入れができないのは当然と考えられるのですが問題は債務の元本までしか借り換えの対象とならない点にあります。他社債務から借り換えを行うためには他社債務を完済・清算する必要があるわけですが当然他社債務を清算するためには元本だけ返済すればよいというわけではありません。

 

元本と利息を支払って初めて他社債務を清算する事ができるわけですが同ローンでは他社債務の元本を融資してくれる一方で支払利息については融資をしてくれないので利用者が自分自身で用意しなければならないのです。もしも同ローンへの申込みをした後で利用者が支払利息に相当する金額を工面できなかった場合大変のことになります。支払利息まで融資してくれないというのは不親切なローンと考えられるわけなのです。

 

同ローンを契約する場合にはプロミスに本人確認書類の提出する必要がありますし、本人確認書類に加えて収入を証明できる書類の提出も必須となっている点も注意しなければなりません。プロミスのカードローンを契約する場合、利用限度額を少なくして申込みを行えば収入を証明できる書類の提出h不要となっていますが同ローンに申込みをする場合には原則として収入を証明できる書類の提出は必須とされています。最新の確定申告書や源泉徴収票税額通知書などを提出する必要があるので、忘れずに用意しておくことが重要となります。

 

プロミスのおまとめローンは高い利便性を誇る一方で決して完全なローンサービスではありません。利用する際にはプラスの面とマイナスの面をよく理解して利用しましょう。

プロミスでの具体的な借り方については下記から ➠プロミス借り方を確認する