プロミスの「おまとめローン」は在籍確認はナシにできる?

プロミスでおまとめローンの契約をする際に在籍確認をナシにすることはできません。まず、この確認が何のために行われているものかと言うと、申し込み時に提出する書類に記載された勤務先や収入に関する内容はそれだけでは虚偽である可能性が考えられます。

 

また、プロミスは消費者金融なので総量規制の対象になるため年収の3分の1までしか借りることができず、収入がなければ上限額は0円になるため、勤務して本当に収入を得ているのか確認する必要があります。ここで、利用者に有利になる借り換えの場合は総量規制の例外として年収の3分の1を超える金額でも借りられる規定があり、おまとめローンもこれに該当するので法的には年収に関係なく借りることができます。しかし、実際にそのような契約を行えば返済できなくなって貸し倒れが起きるので確認をナシにすることはできません。

 

 

現在の借り入れ総額が少額である場合、通常のカードローンを使ってまとめようとするのであれば在籍確認の方法を勤務先への電話から書類提出による代用に切り替えられることはあります。ただし、プロミスの確認方法は原則として勤務先への電話であるため、こちらで希望しても対応してくれるとは限りません。申し込みをした後に事情を説明して相談することになりますが、希望額が高くなるほど断られる可能性が高くなります。

 

借り入れ総額が高額になってくるとプロミスのカードローンでまとめるのは困難になるためおまとめローンを使う必要がありますが、これは審査自体がカードローンと比べて厳しくなります。限度額が高くなることと、多重債務に陥る計画性のなさから融資を認めるか判断する際に慎重に検討が行われます。

 

そのため、在籍確認に関しても本当に収入を得ているのか確認することが重要になります。社員証や給与明細で代用できると言っても偽造したり、退職直後などは職に就いていなくても提出できてしまうため確実性の高い勤務先への電話が利用されます。これはプロミスの審査が他と比べて特別に厳しいということではなく、おまとめローンを利用するときの一般的な対応です。

 

なお、利用する際には他にも考慮しなければならない点があります。プロミスのカードローンであれば来店不要で契約を行えますが、おまとめローンの場合は店舗か自動契約機で手続きをする必要があり、電話やインターネットで済ませることができません。

 

消費者金融であるため金利面でも優れているとは言えず、限度額の上限も300万円なので低めになっています。また、プロミスのウェブサイト上にも年収の3分の1を超える金額を借りられることが明記されていますが、限度額の決定には年収も考慮されます。安定した収入さえあればいくらでも借りられるものではなく、高額を希望すれば審査に落ちやすくなります。ローンの性質としても返済専用になっており、途中に追加融資を受けることはできません。

 

返済に専念できると考えればメリットになりますが、利便性としては低くなります。なお、総量規制の例外になっていても貸金業の借り入れ総額から外れるものではありません。借り入れ総額が年収の3分の1を下回るまでは他の消費者金融を使って借り入れすることはできません。

 

このような特徴があるため、おまとめローンを利用するのであれば銀行を優先して検討することも考えた方が良いでしょう。金利が低く、限度額が高いのでまとめやすくなっています。また、銀行の場合はクレジットカードを取り扱っていることもあるため、勤務先に電話されて他の人が出てしまい、何の電話であったか詮索された場合でもクレジットカードの在籍確認であると答えることができるので怪しまれずに済みます。

プロミスでの具体的な借り方については下記から ➠プロミス借り方を確認する