プロミス審査審査が通らない人は何が足りない?

プロミスと言えば数ある消費者金融の中でも特に審査が通りやすいとして有名ですが、それでも誰でも確実に審査に通るという訳ではありませんので、中にはプロミスの審査に通らないという方もいます。ではプロミスの審査が通らない人は何が足りないのでしょうか詳しく見ていきましょう。

 

そもそもプロミスでは融資可能な条件として、どのような条件を提示しているのでしょうか、これは公式ホームページを確認することで調べることができます。

 

そして実際の公式ホームページを確認してみたところ、融資可能な条件としては「年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方」となっていて、さらには「主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能」となっています。

 

要するに20歳以上69歳以下の安定した収入があれば利用可能ということですが、では安定した収入とはどのようなことなのでしょうか。

 

ここで重要になってくるポイントは安定したという部分で、ただ収入が多ければ良いという訳ではなく安定した収入が見込めるということです。

 

そんな安定した収入があるのかを判断するには、まず重要なポイントは雇用形態です。当然、正社員であれば会社との繋がりも強いので、そう簡単にはリストラに遭ったりする心配はありません。さらに言えば公務員ならリストラはもちろん、会社が倒産するリスクもないのでより安定していると判断できます。

 

反対にアルバイトやパート、派遣社員、契約社員などの場合には正社員よりも解雇されるリスクが高く、また自ら止めてしまうことも比較的簡単にできてしまいます。その為、評価としては低くなりますので通らない可能性が高くなります。

 

しかし、プロミスの公式ホームページには「主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能」となっていました。これはどのようなことなのかというと、要するにアルバイトやパートでも融資した後も安定した収入が見込めるということが確認できれば良いということです。

 

では、どのようにして安定した収入が将来的にも見込めると判断をするのでしょうか。それは勤続年数を確認することで判断をすることができます。

 

具体的には勤続年数が長ければ長いほど、この先も同じ会社に勤務し続ける可能性が高いと考えられますので、今後もその収入が続くと考えられます。ですので、反対に勤続年数が短いと評価が低くなり通らない可能性が高くなってしまいます。

 

例えばアルバイトとパートなどの非正規雇用でも勤続年数が長ければ融資してもらえる可能性は高くなり、反対に正社員や公務員でも勤続年数が短いと低評価となり融資してもらえない可能性が高くなります。

 

一般的には勤続年数が半年から1年未満の場合には、仮に雇用形態が高評価で年収が多くても融資してもらえない可能性が高く、最低でも1年以上は勤務をしている必要があるとされています。ですので、雇用形態が低評価となるアルバイトやパートなどは数年程度は勤務してから申し込みをした方が確実でしょう。

 

もちろん、雇用形態や勤続年数だけではなく他社からの借入や過去の利用状況、家族構成、同居人の有無、住居形態、固定電話の有無などを総合的にチェックして融資可能かどうかを判断していきます。

 

中でも他社からの借入がある場合には、当然毎月の返済額が多くなり負担も大きくなりますので低評価となりますが、それだけではなく、そもそもプロミスは消費者金融なので法律的に年収の3分の1以上の金額は融資してはならないので、その法律の関係によってプロミスから融資してもらえない可能性があります。

 

このように様々な状況を総合的に確認して融資可能かどうかや融資額が決められますので、利用する前には自身の状況をよく確認してから申し込むようにしてください。

プロミスでの具体的な借り方については下記から ➠プロミス借り方を確認する