プロミスの在籍確認の電話連絡なしで借りれる裏技

カードローンの審査で電話連絡はつきもの、一番気になるのが職場への電話です。在籍確認は本人確認と合わせて行われる場合と、本人の利用であることを確認するための電話連絡と主に二つのケースがありますが、いずれにしても、電話で何を聞かれるのか、審査が終わるまで気になるものです。消費者金融の大手であるプロミスの場合も電話連絡はあります。先のように本人を確認するためと、職場への連絡です。このうち在籍確認はある書類を提出すれば避けられることができます。

 

その書類とは収入証明書で、源泉徴収票、直近の給与明細書などで、会社に勤めていることが分かる書類があれば、在籍確認の電話はなしで審査を通過することができます。さらに念押しの書類として保険証も用意しておくと良いでしょう。保険証を提出する理由は会社員であることを証明するためです。保険証には全国健康保険協会管掌健康保険と組合管掌健康保険の2種類があります。どちらの保険証でもOKで、保険証には資格取得年月日が明記され、いつ入社したのか、勤続年数はいくらか分かる書類になっています。正社員はもちろん、契約社員や派遣社員でも長期の雇用されている方であれば、どちらかの保険証を持つことになりますので、これを審査時の証明書に使うのです。

 

プロミスのカードローンの申し込みでは自宅と勤務先の二つの電話番号を記載することになっており、派遣社員の場合は派遣元である派遣会社と就業先の電話番号も記載することになっています。ただ、収入証明書を提出すれば、本人に電話連絡はあっても在籍確認はまず取ることはなく、派遣社員のケースでも、派遣元・派遣先の双方に電話が掛かることもありません。また、収入証明書を提出することの理由にはプロミスが貸金業法に基づく貸付で総量規制の対象になっていることがあります。
融資の限度額は他社の借り入れと収入証明書に記載されている年収をベースに算定され、最終的な借入は総量規制の範囲内で選択できるものになっています。例えば、収入証明書を提出していますので、消費者金融でも50万円を超える貸付は可能です。総量規制に基づいて出された限度額が70万円であれば、最大の金額を借りることもできれば、そのうち50万円を指定して借りることもできます。総量規制の対象であるため厳密に限度額を計算するのはプロミスだけではないのですが、より審査をスムーズに進めるためにも収入証明書を手元に用意しておきましょう。

 

こうした在籍確認は個人名で行われることが多いのですが、どのタイミングで掛けてくるのか分かりません。確認という意味合いから、指定することもできません。でも、収入証明書や保険証があれば、在籍確認を避けることはでき、最近の事情として会社自体が電話の取りつがないケースがある他、個人情報保護という面もあり、職場への連絡は少なくなっています。また、源泉徴収票が手元にない場合は直近2ヵ月分ほどの給与明細書を用意しておくことをおすすめします。有効なのは社判が押されたもので、インターネットからの申し込みであれば、画像の送付もOKです。

 

カードローンの審査では多くのところで電話確認をとっています。電話確認をとらないところはその代わりとなる証明書を必要としています。プロミスの場合も同様で、給与明細書などがあれば、職場に電話を掛けられることなく、審査の心理的なプレッシャーから逃れることができるでしょう。収入証明書を出すのは少々面倒ですが、確実に審査を通し、限度額を確定するならこの方法が最短です。プロミスの公式ホームページでは電話確認があると書かれていますが、実は在籍を確認できるものを用意すれば、職場に電話を掛けられることもありません。

プロミスでの具体的な借り方については下記から ➠プロミス借り方を確認する