プロミスで職場への在籍確認なしにしてもらう方法

プロミスには来店不要で申し込みから融資までを完結出来る、ウェブで完結出来るだけでなく郵送物が自宅などに送られて来ないため、家族に内緒でキャッシングを利用したい時にも役立つ存在になってくれるメリットがあります。

 

さらに、ウェブ明細を利用すると初めて契約する人は30日間の金利0円サービスが適用されるなどの魅力もあります。30日間金利0円は契約を行った翌日から最大30日間の中で返済を行った場合、利息の支払いが要らないサービスです。

 

例えば、契約の翌日に30万円のキャッシングを利用して、返済を30日以内に行わなければ30万円の利息の支払いが要らない魅力的なサービスです。返済は30万円全額でなくても構いません。10万円を30日以内に返済すれば10万円の利息が0円になる、残りの20万円は通常の利息が必要になりますが、10万円分の利息が要らない分、支払い額が少なくなるなどのメリットがあります。

 

プロミスの顧客サービスは30日間の金利0円サービスだけではありません。プロミスに申し込みを行う時に、事前に相談する事で在籍確認なしで契約を結ぶ事も可能です。在籍確認とは会社への電話連絡を意味しており、カードローンなどを利用する時には審査の一つとして必ず行われる電話連絡です。在籍確認の電話連絡を行う時には、プロミスの社名を名乗るのではなく担当者の個人名で電話をしてくれます。

 

プロミスは大手の会社と言っても消費者金融になるので、会社勤めしている人にとって周囲にいる同僚や上司などから消費者金融の申し込みをしているなど知られたくないと感じる人も多いと言えましょう。

 

その点、在籍確認なしで契約まで結べれば周りにいる人に知られる心配もありませんし、外回りが多い営業職の人などは安心して外回りの仕事を行えるメリットもあります。一般的に在籍確認なしで契約まで結ぶ事が難しいなどと言われていますが、プロミスでは事前に相談する事で在籍確認なしで契約まで完結出来るケースもあります。

 

在籍確認が行われない方法とはどのようなやり方なのか気になる人は多いと言えましょう。外回りを行う営業職の人だけではなく、会社の中では工場勤務でありラインの中で仕事をしているため、電話が入ると職場を離れる事が出来ないケースもあります。

 

また、プロミスでは派遣社員の人も申し込みが出来るようになっていますが、派遣社員の場合は派遣会社の連絡先を記載した場合には、派遣会社の中で仕事をしているわけではありませんし、勤務先の会社の連絡先を記載した時などは、消費者金融からの電話連絡は派遣先の会社に入る事になるなど、気まずい思いをするケースもあります。

 

在籍確認の電話連絡は申し込み内容の確認などで数分で終わるものですが、事前に社員証を提出する、直近の給料明細書を送付するなどの方法で在籍確認なしで契約まで完結出来るケースがあります。在籍確認の目的は申込書に記載してある会社で仕事をしているのか、仕事をしている場合には一定の収入があるなどの判断材料になるわけです。社員証などの情報や直近の給料明細書を事前に送付する事で、対象となる会社に勤めている証明にもなります。

 

会社によっては私用電話を禁止しているケースがあるので、プロミスからの電話連絡が入ると上司から怒られてしまうなどのケースもあるかと思われますが、現在の職場に勤務している事を証明出来る書類を予め送付しておく事で在籍確認なしで融資を受ける事が出来ます。ちなみに、在籍確認は最終的な確認でもあり、この時点で審査に通過している可能性が高くなります。電話連絡が入ると言う事は審査に通過しているなどの意味になるわけですが、勤務先への電話連絡が困る時には事前に相談をしておくと良いでしょう。

プロミスでの具体的な借り方については下記から ➠プロミス借り方を確認する